原因と治す方法

お尻

ゆるみの原因

膣の引き締めが悪いと悩んでいる女性もいます。膣の締りが悪くなる原因はいろいろあります。肌は年を取るとたるんできますが、膣も同じです。肌のたるみは表情筋が衰えることで起こりますが、膣も周りにある骨盤底筋という筋肉が衰えることでゆるんできます。老化でシワやたるみができるのと同じで、誰でも避けられないことです。老化と共にゆるみの原因で多いのが出産です。骨盤底筋は子宮を支える役割を果たしています。子宮の中に赤ちゃんがいると、その重みからたるみます。出産をするとある程度は収縮しますが、引き締めがないままたるでしまうと膣がゆるみます。また、姿勢が悪い女性ほど骨盤底筋が発達していないのでゆるみやすいと言われています。

プチ整形とトレーニング

膣を引き締める方法は二通りあります。一つは手術で引き締める方法で、もう一つは地道にトレーニングをして引き締める方法です。膣の引き締め手術は婦人科形成で受けることができます。昔は膣の内部を縫い合わせる外科手術が一般的でした。しかし、今はメスを使わないプチ整形で引き締めができます。ヒアルロン酸注射をして内部にふくらみを出す方法や、レーザーでハリを出す方法などがあります。プチ整形であっても手術はしたくないという人にはトレーニングがお勧めです。骨盤底筋トレーニングをすれば、加齢や出産でゆるんだ骨盤底筋が引き締まります。プチ整形の場合は短期間しか効果がありませんが、トレーニングをして鍛えれば一生効果が続きます。しかも必要な費用は0円です。